「美容への働き」編

健康的なダイエットのお供に「酢」を!

必要な栄養素だけを摂取する食事制限タイプのダイエット、運動を併用するダイエットなど、ダイエットにはいろいろな方法があります。では酢を使ったダイエットとは酢の栄養分で行うダイエットなのでしょうか?いいえ、違います。酢をただ飲むだけでは、あまりダイエットへの働きは期待できません。

食事療法の一部に酢やサプリメントを取り入れたり、有酸素運動の習慣と一緒に酢を取り入れるとダイエットへの働きが高まってきます。酢単独でダイエットするわけではないのです。それは、酢に含まれるアミノ酸、クエン酸が栄養分としての働きというよりは、体内の脂肪を燃焼させる働きをするからです。

栄養を十分取り、運動することで酢の成分がダイエットにつながるので必然的に健康的なダイエットをすることになります。

健康的な肌作りに!シワやたるみよさらば!

健やかな肌づくりに欠かせない栄養素といえば「アミノ酸」と「酢酸」。皮膚や髪の毛の元となるのはコラーゲンですが、アミノ酸はその主成分です。そして、酢酸は、アミノ酸とともに肌のキメを整え、ターンオーバーを促す働きがあります。健康的な細胞を作り出す周期が早くなるということですね。

特に黒酢に含まれている必須アミノ酸は、肌の衰えを食い止めます。年齢とともに細胞を作り出すたんぱく質の働きが弱まってくると、それがたるみやシワの原因になるのです。しかし、必須アミノ酸がタンパク質の働きを活性化させるため、アンチエイジングとなるのです。

また、酢は腸の動きをサポートする働きもあるので体内のデトックスにもなり、肌荒れの解消にもなります。

体もぽかぽか!?冷え症知らずの体に

酢には体を温める作用もあります。

ただし、間違えないでほしいのは酢の種類によっては冷え症改善に働きかけるということです。酢は陰性の食べ物のため、冷え症の方が摂取すると逆に体を冷やす側に働くのですが、黒酢や香酢など長時間かけて熟成したタイプの酢の場合には毛細血管自体を広げる働きがあり、血流がよくなることで体の隅々にまで血が流れ内側から体がポカポカになります。

体が冷えるのは、血の動きがスムーズではないからなのですね。もっとも効率よくに酢を活用するにはお風呂上りなどに、お湯に酢を割ったり温かくして飲むこと。1日の服用量は大さじ1杯程度にすること。酸っぱいのが苦手な方は黒酢サプリメントなどを使うといった工夫をするといいでしょう。

TOPへ戻る