ダイエットなら黒酢?もろみ酢?

ダイエットに“お酢”が人気の理由とは♪

「ダイエットにはお酢のパワーがいい」というのは、どういった根拠なのでしょうか?酸っぱいお酢には、酢の主成分となる酢酸、いわゆるクエン酸が主体となっています。このクエン酸には、エネルギーを使ったあとのカスを燃焼させる働きがあるのです。

このカスを燃焼させることにより余分な脂肪が貯まりにくくなります。また、黒酢などに含まれるアミノ酸も体内の脂肪を燃焼させる働きがあります。クエン酸とアミノ酸の2つの酸の働きにより、脂肪燃焼してくれるので、ダイエットにお酢がいいというわけです。

からだの余分は老廃物を消すために十分なクエン酸が供給されていれば「クエン酸サイクル」が働いてくれるので、健康を維持する栄養分がカラダのなかをしっかりと巡ってくれることになります。

黒酢ともろみ酢どっちがダイエットに有用なの!?

お酢のサプリの中によく出てくるキーワードとして「黒酢」と「もろみ酢」があります。この2つの違いはどこにあるのでしょう?大きく違うのは主成分です。黒酢には酢酸、いわゆる酸っぱい成分が多く含まれ、もろみ酢はクエン酸の成分が多く含まれています。

また、どちらの酢にも必須アミノ酸や非必須アミノ酸が豊富に含まれている点は同じです。ダイエットに着目してどちらの酢がより有効に働くかを検証してみましょう。前の項目でも紹介していますが、脂肪を燃焼するときに重要な役割を果たしているのは「クエン酸」です。

もろみ酢にはクエン酸が多く含まれていることから、ダイエット目的とした場合には、もろみ酢の方が有用性が高いといえます。

TOPへ戻る